からすみの味をご存じですか?

からすみ屋「魚住」から、一歩先ゆく食の提案

からすみの産地長崎でも「からすみ」を日常食さない人が80%を超えるという事実。

味?値段?料理方法?

魚住商店はその疑問に答え、商品開発をしてきました。

それは、日常で食べるちょっとリッチな”おいしい からすみ料理”をテーマとしてきました。

お値段も手ごろで、かつ安心・安全でおいしい料理にしていただきたい、そういう思いで商品化した「からすみパウダー」「生からすみ」はからすみ料理研究所で紹介する抜群においしい料理に使えます。

それでは、少しからすみについてご紹介させていただきます。

今、売れ筋の商品

料理レシピにも載せていますが、

生からすみ、からすみパウダー料理の幅をちょっとリッチに広げてくれる最高のアイテムです。

辛子明太のたねも料理に使える面白い商品です。

通販はこちらへ すぐに発送いたします。


生からすみ

生からすみは、35g・70g

があります。

ボンゴレパスタに生からすみ
ボンゴレパスタに生からすみ

からすみパウダー

からすみパウダーは20g

3点セットには10gが付きます。

カルボナーラにからすみパウダー
カルボナーラにからすみパウダー

辛子明太のたね

辛子明太のたねは25g、40g

姫種3点セットには13粒入ってます。

 

辛子明太のたねときゅうり
辛子明太のたねときゅうり


からすみの効能

なんといっても味ですが、これは上記料理にもある通り、「濃厚・こくウマ」そのままでも抜群においしいのが

魚住の「からすみ」です。 生からすみ・からすみパウダーは料理向きで便利ですよ。

からすみを食べて若返り

カラスミはタンパク質と脂質が豊富なので、疲労回復、滋養強壮効果があります。また、体によいとされるオメガ6系の脂肪酸(γ-リノレン酸、アラキドン酸)とオメガ3系の脂肪酸(EPA、DHA)の含有量はトップクラスです。γ-リノレン酸やアラキドン酸にはLDL(悪玉)コレステロールの低下作用があり、オメガ3系には抗血栓作用、動脈硬化の予防、認知症の予防改善効果があります。

その他では、ビタミンB12と亜鉛が豊富です。ビタミンB12は悪性貧血を予防し、神経細胞内の核酸の合成を行い精神を安定させる作用があり、亜鉛には味覚を正常に保つ作用、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。そして、添加物は塩のみの100%天然食品です。

このように、抜群の健康滋養食材なので、綺麗に若返り効果も期待できますね。


調理方法、味は?

魚住のからすみは、弊社熟練の職人が一つ一つ秘伝の方法を守り、塩とボラの卵のみを使い、合成の保存料・着色料は一切使わない、天然100%の食品です。安心してお召し上がりください。

味は、匂いが気になられる方もいらっしゃいますが、熟成の香りです。すぐに病みつきとなることでしょう。

一般家庭の食卓でからすみを”いつでも””おいしく”を基本に考え出された「からすみパウダー」と「生からすみ」

料理レシピで掲載していますが、カルボナーラ、ペペロンチーノ、ボンゴレ、といったパスタや生からすみをぬったフランスパン(これは驚きの味です)、おにぎりのたねにからすみを使ってみても最高です。といった具合に奥様にいつでもからすみを使っていただきたくて毎日料理を模索しています。

またクックパッドにもレシピを載せております。

そちらもご参考にしてみて、調理のご参考になれば幸いです。


値段は?高級品でしょ?

お値段は辛子明太子(同じような卵製品)と比べると高いです。

が、一つづつ日にちと手数をかけて製造していく様子は、作るというよりは、「育てる」といったもので、その結果がこの味になっているんです。

 

そして、弊社では、日常生活で”ちょっとリッチに”を合言葉に良い品物を出来る限りお値打ちに提供できるよう頑張ってきました。

秘伝の塩加減と徹底した品質へのこだわりは貫いております。日本人の繊細な味覚にお応えできる秘伝の製法を守り、すべて長崎で作っているからすみです。味は保証します。「塩」と「ボラの卵」だけの100%天然・手作りです。熟練した職人の技と徹底した商品管理で皆様にお安くお届けできるよう頑張っています。

それが、他で安くお売りになられている商品との最大の違いです。

 

魚住のからすみはおいしくて値段もお手頃と好評をいただいております。

からすみの味にうるさい産地長崎のからすみをぜひ一度ご賞味下さい。


お店でのご購入は

下記店舗やお土産店でお取り扱いがあります。詳細はお問い合わせ下さい。

TEL:095-878-4191

 

  1. 長崎空港売店 https://nagasaki.apshop.jp/products/detail.php?product_id=104
  2. ハウステンボス http://www.huistenbosch.co.jp/shopping/
  3. オランダ村(ポートホールン長崎) http://www.phn.jp/porthornmarket/
  4. とれとれ旬屋 http://www.n-izumiya.com/syunya/
  5. 高速長崎道SA https://w-holdings.co.jp/sapa/2723.html
  6. 東京日本橋 長崎館 https://www.nagasakikan.jp/index.html
  7. 他お土産店で販売中! 店舗については、御問合せ下さい。 

facebook ページ いいね! お願いします。

魚住レシピ・説明書ダウンロードコーナー

ダウンロード
からすみパスタ等
からすみパスタ、焼き御おにぎり、生クリームのせ
からすみパスタ.png
PNGファイル 5.9 MB
ダウンロード
からすみカナッペ
からすみカナッペ、あぶり、フライ、磯部揚げ、オープンサンド
からすみカナッペ.png
PNGファイル 5.9 MB
ダウンロード
あごだし
あごだし茶わん蒸し・あごだし雑煮
あごだし茶わん蒸し.png
PNGファイル 1.9 MB
ダウンロード
あごだしイタリアン
リゾット・グラタン・コンソメ・マリネのレシピ
あごだしイタリアン.png
PNGファイル 2.5 MB


一口で終わらない、からすみ一口メモ

このお魚がからすみの産みの親  「ボラ」

からすみの歴史

からすみは古くからギリシャエジプトで製造されていた。日本には、安土桃山時代中国)から長崎に伝来したといわれている。

からすみに関する歴史的な記録としては、豊臣秀吉が食したという上記のもののほか、江戸時代慶安元年(1648年)10月19日夜に小諸城青山宗俊が食した料理等記録の中に「からすみ」の文字がある。当日からすみは、足打(折敷)という木製の器に盛られて提供されている。

中国からの伝来当時はサワラの卵を原料として製造されていたが、延宝3年(1675年)に高野勇助が長崎県野母崎付近の海域で豊富に漁獲されるボラの卵で製造することを案出した[6]

海外のからすみ

台湾ではボラのからすみを「烏魚子」(北京語:ウーユーズー、台湾語:オーヒージー)という。台湾での食べ方は表面の薄い膜を剥ぎ取ってから、酒を表面に軽く塗り、弱火で裏表を一、二分ずつ繰り返しあぶり、表面が白くぶつぶつになるまでかりかりに焼き上げる。出来上がったら、薄くスライスして食べる。大根またはニンニクの芽と一緒に爪楊枝で刺して食べられることが多い。夜市屋台でも焼いたからすみを売っている。

また、アブラソコムツ(北京語:油魚 ヨウユー)を使った「油魚子」(北京語:ヨウユーズー、台湾語:イウヒージー)と呼ばれる食品が屏東県東港鎮で考案され、クロマグロサクラエビと合わせて「東港三宝」と称する特産品として販売されている。ボラのからすみよりも大きいため、塩漬けも乾燥も時間が余計にかかり、技巧を要する。乾燥は季節や大きさにより異なるが、2週間からひと月を要する。ボラは網で捕るため、時にストレスで魚卵に血が入り、色が黒く、臭みのあるものができるが、アブラソコムツは延縄漁で釣るため、血が入ることは少ないという違いがある[8]。大きいことや製作に手間がかかることから、産地でも一腹数千円とボラのものよりも数倍高価である。

イタリア語ではボッタルガBottarga)という(英語ではボターゴ Botargo)。ボッタルガには必ずしもボラの卵巣だけを使用するのではなく、タラマグロなど他の海産魚の卵巣を利用する製品もある。ほぐして、パスタにあえて食べる例が多い。東地中海沿岸ではメゼの一品として親しまれており、薄く切ってオリーブ油レモン汁をかけ、パンと共に食べる。

ー引用ー
「"カラスミ"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
"最終更新 2017年6月1日(木)8:53" UTC
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%9F

長崎からすみの魚住商店

〒850-0952

長崎県長崎市戸町1丁目1番11号

TEL:095-878-4191

FAX:095-878-4193

ご注文お電話受付

受付時間:9時~17時

※土日祝日は休業となります。

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です